弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

交通事故被害で
ケガや痛みがある方
のためのガイド

この1ページでわかります
  • 知っておくべき注意点
  • 解決までのステップ

事故直後の対応をする

  1. 病院で診察を受ける

    治療費などを保険会社に支払ってもらうためには、医師の診断書が必要です。

  2. 相手の保険会社からの連絡を待つ

    来ない場合は自分から連絡しましょう。

  3. 警察に「人身事故」として処理してもらう

    警察は「人身事故」か「物損事故」として事故を処理します。

    物損事故として処理されていると、本来受け取るべき治療費や慰謝料などを支払ってもらえない場合があります。

まだ警察に通報していない場合はすぐに連絡しましょう。

警察に連絡しないと事故が起きたことの証明が困難になる場合があるので、正当な賠償金を受け取れないことがあります。

通勤中や仕事中の事故なら、勤務先へ連絡し、労災を利用しましょう。

治療する

  1. 治療費をどうやって請求するのか把握する

    治療費は相手の保険会社に払ってもらえます。

    医師が整骨院での施術を指示していない場合の施術費などは、保険会社が治療費として支払ってくれない場合があります。

  2. 医師が治療を必要と判断する間は治療を続ける

    保険会社から治療費の支払いを打ち切られることがありますが、医師が必要と判断する間は治療を続けましょう。

  3. 症状が完治しなかったら、「後遺障害等級認定」を申請する

    認定されると保険会社から支払われる賠償額が増えます。

治療費などの支払いに不安がある場合、対応策があります。

この時点では、最終的に受け取る金額を保険会社と約束しないようにしましょう。

新たな症状が見つかっても、その分の治療費を支払ってもらえなくなる可能性があります。

損害賠償額を想定しておく

保険会社から賠償額を提示された時に、それが適切な金額かどうか判断できるようにしましょう。

  1. 支払ってもらえる費用の範囲を調べ、金額を想定しておく

    ケガなどの治療費だけでなく、仕事を休んだことに対する補償や、事故にあわなければ将来得られたはずの収入なども支払ってもらえます。

  2. 「過失割合」がどの程度になるかを想定しておく

    お互いにどの程度不注意があったのかによって受け取る賠償金額が変わってきます。

  3. 損害賠償額の合計を把握する

保険会社が示談交渉の際に提示してくる賠償額は、本来支払ってもらえる金額よりも低いことがあります。

示談交渉をする

支払ってもらえる金額を把握したら、保険会社と賠償金に関する話合い(示談交渉)を開始しましょう。

  1. 保険会社から賠償金を提示される

  2. 想定しておいた金額・過失割合と比べる

  3. 示談を成立させるかどうか決める

    保険会社の提示内容に納得できない場合、他の手段があります。引続き「示談を成立させるべきか判断に迷ったら」をご覧ください。

示談を成立させるべきか判断に迷ったら

  1. 示談交渉以外の解決手段を検討する

    主に手段は、3つあります。
    ・交通事故について無料で相談できる ADRを利用する
    ・弁護士に示談交渉を依頼する
    ・裁判を利用する
    どの手段を選択すべきか検討しましょう。

「ADR」を利用すると弁護士などの専門家が相談担当者となり、加害者との間に入ってくれます。

弁護士に交渉してもらうと、賠償金が増額する可能性があります。

交通事故に注力する弁護士を探す

保険に加入しているなら、弁護士費用特約というオプションが付いていないか確認しましょう。

弁護士にかかった費用は契約の範囲内で保険会社が支払ってくれます。

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

交通事故を扱う弁護士を探す

交通事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...