運行供用者の責任|法律用語大辞典

法律用語の解説

運行供用者の責任

うんこうきょうようしゃのせきにん

運行供用者の責任とは、自己のために自動車を運行の用に供する者がその運行によって他人の生命または身体を侵害したときに負う損害賠償責任を意味する(自動車損害賠償保障法3条)。 ①自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかったこと ②被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があったこと ③自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかったことを全て立証しない限り、損害賠償責任を負う(同法3条但書)。 運行供用者には、自動車の所有者、レンタカー会社から自動車をレンタルしているような正当な権限に基づく運転者のほか、自動車を盗難した運転者も含まれる。 被害者の保護を図るという自動車損害賠償保障法の目的(同法1条)を重視し、運行供用者に含まれる者を拡大する傾向にある。 農協の従業員が組合の車を私用で無断運転中に人身事故を起こした事例について、最高裁昭和39年2月11日判決は、「無断運転によるものにせよ、客観的外形的には上告組合のためにする運行と認めるのが相当である」として当該組合に運行供用者性を認めた。この場合の組合は、当該従業員の運行によって生じた損害について賠償責任を負う。 <運行供用者の責任に関連する用語> 使用者責任、過失相殺

検索する

五十音索引で検索する

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

法律用語の検索ランキング

注目のキーワード

このページの先頭へ