弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

交通事故慰謝料・損害賠償

2016年05月26日

交通事故の慰謝料・損害賠償の種類や算定基準と相場

交通事故の被害者は、その補償として加害者に慰謝料や損害賠償を請求することが可能です。交通事故の慰謝料請求で注意したいのは、算定基準が複数あり、基準によって相場が大きく異なるということでしょう。また、慰謝料や損害賠償には内容に応じて種類があるため、自身に当てはまるものを余すことなく請求することが重要です。交通事故慰謝料・損害賠償の基礎知識を学び、適正な金額を受け取りましょう。

関連記事

目次

  1. 交通事故の算定基準と相場
  2. 交通事故慰謝料の種類
  3. 交通事故の損害賠償

交通事故の算定基準と相場

交通事故の慰謝料には、怪我の程度などに応じて、相場や計算方法が決まっています。そのため、治療が終わった段階でおおよその慰謝料額を算出することが可能です。 しかし、相場には三つの算定基準があり、どの基準を用いるかによって慰謝料の金額は大きく異ることになります。その算定基準とは、「自賠責基準」「任意保険基準」「裁判基準」の三つとなり、この順に金額も大きくなるのです。

自賠責基準

自賠責基準とは、自賠責保険で定められている金額です。自賠責保険は自動車所有者の全員に加入義務があり、被害者は自賠責保険によって最低限の治療費や慰謝料を保障されていると言えるでしょう。詳しい金額は「交通事故における自賠責保険での慰謝料や治療費の相場と請求方法」をご覧ください。

任意保険基準

任意保険基準とは、自動車所有者が任意で加入する民間の保険会社が、独自に定める算定基準です。算定方法などの詳細は一切公開されておらず、各社で異なる基準を持っていますが、基本的には自賠責基準に基づいて作成されています。 任意保険は自賠責保険で定められている上限を超えた際に適用されるため、自賠責基準よりも高額になります。しかし、保険会社は営利企業であり、少しでも支払う金額を抑えたいのが本音です。残念なことに、本来あるべき金額を補償してくれるわけではないのです。

裁判基準

裁判基準とは、交通事故によって発生した被害の状況を裁判で主張・立証し、それが認められた際に算定される金額です。裁判所が妥当と判断した金額であるため、被害に見合う水準としては最も適正なものとなります。詳しい金額は「交通事故の慰謝料や損害賠償の裁判・弁護士基準の相場や計算方法」をご覧ください。

基準を考える際の注意点

三つの基準のうち、被害者は裁判基準に基いて慰謝料の請求を行うことができます。しかし、裁判基準は原則として裁判で認められた場合の金額です。裁判で認められるには、弁護士を立て、証拠を基に主張の正しさを証明する必要があるため、決して手軽なものではありません。 そのため、保険会社が示談で全額を認めることはほとんどなく、弁護士を立てなければまったく取り合わない場合もあるのです。一方で、裁判となって全額が認められる可能性が高まれば、保険会社も示談によって少しでも金額を抑えようとします。弁護士を立てることで、すんなりと示談がまとまることも少なくないのです。 弁護士費用を加味しても、弁護士に依頼した方が利益が大きくなる可能性は高いでしょう。交通事故の被害に遭われたら、早めに弁護士に相談することをおすすめします。

交通事故慰謝料の種類

交通事故の慰謝料請求では、基準の違いを知るだけではなく、どのようなものが慰謝料として請求できるのかを知ることも重要です。

通院や入院に対する慰謝料

交通事故により負傷した場合には、病院に通い治療を受けるケースも多いでしょう。入院が伴うことも少なくありません。こうした場合には、治療費だけでなく、慰謝料も請求することが可能です。 自賠責基準と裁判基準のそれぞれの計算方法については、「交通事故による通院・入院に対する慰謝料 - 自賠責・裁判基準による相場と計算方法」をご覧ください。

後遺症に対する慰謝料

治療を経ても後遺症が残ってしまうことも少なくありません。後遺症が残った場合には、まずは後遺障害の等級認定を受け、級数に応じた金額を請求します。詳しくは「交通事故による後遺障害認定の流れ - 被害者請求や非該当となった際の対処法」をご覧ください。

死亡したことに対する慰謝料

交通事故の被害者が死亡した場合には、遺族に対して慰謝料が支払われます。被害者が死亡している場合には、加害者の一方的な証言が採用されてしまう危険性があるため注意が必要です。対策など詳しくは「交通事故で被害者が死亡した場合の慰謝料や逸失利益の相場や計算方法、過失割合の注意点」をご覧ください。

交通事故の損害賠償

交通事故では慰謝料だけではなく、損害賠償も請求することが可能です。そもそも慰謝料は、精神的苦痛に対する金銭での補償を言います。これに対して、損害賠償とは、身体的な損害や本来得られた利益を失ったことによる損害など、あらゆる損害を賠償請求できるのです。

治療費

交通事故によって負傷した場合には、治療費は原則として全額加害者に請求することが可能です。また、親族の付き添い費用なども幅広く認められています。詳しくは「交通事故でかかった治療費はどこまで請求できるのか?自賠責で対応可能な範囲や立替などの注意点」をご覧ください。

葬儀費

交通事故によって被害者が死亡した場合には、葬儀や墓碑、仏壇の費用が発生します。これらの費用も加害者に請求することができますが、高額な場合には特別な事情を除き、原則として150万円が限度額となっています。

休業損害

通院や入院、裁判などの手続きによって、会社を休まなければならない状況も多いでしょう。交通事故によって給与の支払いが減少した場合には、その分を「休業損害」と呼び損害賠償請求することができます。計算方法やどこまで認められるかについて詳しくは「交通事故による休業損害の期間や計算方法」をご覧ください。

逸失利益

後遺症が残り、その程度が重い場合には、生活上の様々な場面に不便が生じます。また、労働能力も低下することになり、事故前に比べて就ける職業が限られてしまったり、昇進が見送られてしまうということもあり得ます。そのような本来得られたのに失ってしまった利益を「逸失利益」と呼び、損害賠償請求が可能です。詳しくは「交通事故による後遺症と逸失利益の計算 - 基礎収入や期間の算定方法」をご覧ください。

物損による損害賠償

自動車同士の事故の場合には、車両自体にも被害を受けることがほとんどでしょう。車両の他にも建物などが被害を受けた場合にも、損害賠償請求が可能です。ただし、車両が修理できたとしても、評価損が生じるかどうかで争いとなることも多くあります。物損事故の注意点など、詳しくは「物損事故の損害賠償や人身事故との違い・慰謝料や過失割合の注意点」をご覧ください。

交通事故による被害に対しては、広く賠償請求が認められている一方で、全てを正しく計算し、保険会社と交渉していくことは困難を伴うでしょう。せっかく計算したのに、保険会社に取り合ってもらえないことも少なくありません。 保険会社の提示する金額に納得いかない場合は、弁護士への依頼を検討してください。弁護士費用を差し引いても、依頼したほうがより多くの補償を得られることも多くあります。初回相談は無料の場合も多いので、早期解決を目指してまずは弁護士に相談することをおすすめします。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

慰謝料・損害賠償を扱う弁護士を探す

交通事故慰謝料・損害賠償に関する法律相談

  • 交通事故の過失割合と保険屋の対応

    交通事故交通事故慰謝料・損害賠償自賠責

    先月7/30に交通事故を起こしました。私は原付きバイクで相手が自動車でした。T時路で、私はIの方から一旦停止し右折しようとしました。右側から来た自動車に衝突されました。かなり、見通し...

    1弁護士回答
  • 自転車対車の非接触事故(物損事故)の示談について

    交通事故交通事故慰謝料・損害賠償物損事故

    乱文で失礼いたします。 2か月前に非接触事故を起こしました。 自転車(当方) 車(相手)です。 私が優先道路を自転車で走っていたら細い脇道から自動車が出てきて来ました。 あと少し...

    1弁護士回答
  • 後遺障害 被害者請求

    交通事故交通事故慰謝料・損害賠償自賠責

    被害者請求について 自分で自賠責に被害者請求をすると早くて40日前後で認否の連絡があるみたいですが 弁護士を介してだと2.5ヶ月から4ヶ月程かかる時間の差はなんなのでしょうか? どちら...

    1弁護士回答
  • 人身事故の物損部分について、所有者に賠償を請求できるでしょうか?

    交通事故交通事故慰謝料・損害賠償

    信号待ち中の当方(被害車両)に先方(加害者車両)が追突した人身事故です。 ただし、先方が以下の状況です。 ・任意保険未加入 ・運転者に賠償金の一括支払い能力無し(自己申告) ・運転...

    1弁護士回答
  • 交通事故 年金受給者の休業補償について

    交通事故交通事故慰謝料・損害賠償休業損害

    交通事故の休業補償の請求について 母(76才)が交通事故で3ヶ月の入院の後、1ヶ月通院して症状固定しました。 同居家族は、 父(年金受給者) 78才 母(年金受給者) 76才 私( シングルマザー ...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

交通事故慰謝料・損害賠償の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 道路に寝そべった男性、ひき逃げされた「被害...
  2. 「マイカー通勤」で死亡事故、遺族が運転手の...
  3. 横浜小1死亡事故、「高齢ドライバー」不起訴...
  4. 「歩きスマホ」VS「3人乗り自転車」歩道で事...
  5. 追い越し車の「飛び石」でマイカーのフロント...
  6. 赤信号の交差点に進入した「パトカー」が車と...
  7. 交通事故で異例の「刑免除」判決、背景にある...