弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

休業損害の解決事例

【後遺症認定と過失割合】保険会社が後遺障害を認めてくれなかったケース

  • 後遺障害等級認定
  • 人身事故

依頼主 50代 男性 相談前 バイクを運転して信号のない交差点を直進していたところ、右折してきた自動車に衝突し怪我をしました。
事故後、1年以上経っても、手首のしびれが残るなどしているのに、相手方の保険会社は後遺障害を認めないと言ってきました。さらに、休業損害の算定方法についても争いがあります。
相談後 当初、後遺障害が認定されなかったものの、2度の異議申し立てを経て後遺障害が認定されました。
休業損害の算定方法については、主張が認められ、和解が成立しました。
宮平 靖子弁護士からのコメント 一旦、後遺障害に当たらないと認定された場合、認定を覆すことにはなかなか難しい点があります。
弁護士に依頼することで、自分では気づかなかった点を主張し、後遺障害の認定を求めることができるケースもあります。また、休業損害は、休業日数をどのように算定するかによって、どのような算定方法が適切かが異なってきます。

お気に入りに追加
宮平 靖子
宮平 靖子 弁護士

すずかけ法律事務所

【初回相談無料】【当日・夜間・休日相談対応】「提示された示談案に納得できない」「治...

電話番号

電話で問い合わせ
050-5827-3443

メールで問い合わせ

休業損害に関する解決事例

西村 孝史

西村 孝史弁護士

交通事故紛争処理センターを利用して示談金額を150万円も増額

 相談者は,普通乗用自動車で走行中,加害車両がセンターラインを超えて走行してきたため正面衝突しました。そして,病院に緊急搬送されたところ,医師から「鎖骨骨折,頚椎捻挫」と診断されました。治療の結果,鎖骨は無事に癒合しましたが,頚椎については痛みが残り,そのまま症状固定となりました。後遺障害等級申請をしたところ...

橋本 竜彦

橋本 竜彦弁護士

後遺症がない場合でも★当初提示の1.7倍★での示談成立(約70万円の増額)

▼事故の内容 主婦のAさん(40代・女性)は、赤信号停止中に後ろから追突されました。 首と腰を捻挫し,6か月の通院を経て、完治した後、相手方から約100万円の賠償金の提示がありました。▼弁護士への相談 弁護士が内容を確認したところ、慰謝料と休業損害が極めて低額でしたので、示談交渉の依頼を受けました。 ▼当初提示...

井上 祐司

井上 祐司弁護士

上腕骨骨折により12級の後遺障害を遺したケース

バイクで走行中,追越をかけた車両に接触された10代の被害者。相手損保からは骨癒合後,頻繁に治療打ち切りをほのめかす連絡が入り,後遺障害等級も当初の認定結果は14級でした。短期間のアルバイトであったため,休業損害や後遺障害により生じる逸失利益も納得のいく金額とはいえないものでした。事故後手術をしており,右上腕骨...

矢形 幸之助

矢形 幸之助弁護士

事故が原因で厨房に立てない

むち打ち症で、厨房に立てないのに、相手方保険会社から、①そもそも、5キロ程度の衝突でむち打ち症になる訳がない、②仮に、むち打ち症が発症したとしても、休業の必要性がないと主張されています。示談では解決不可と判断し、訴訟提起を選択。 ◆判例は、軽微な事故=傷害がないとの考えているわけではないことから、事故直後の医療記...

交通事故を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

休業損害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...