弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

休業損害の解決事例

【後遺障害14級:頚椎捻挫】3か月で治療打ち切り→健康保険で治療を継続し、その後後遺障害14級獲得/治療費、休業損害のほか約300万円の賠償金を獲得した事例

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

依頼主 50代 男性 相談前 【ご相談内容】
自動車乗車中に追突に遭い、頚椎捻挫と診断されました。事故後、頭痛、首の痛み、手指の痺れが続きましたが、保険会社からは、「むち打ちの治療は3か月まで」「あなたの場合、加齢が原因」などと言われ、事故から3か月で治療を打ち切られてしまいました。
今後、どうしたらよいでしょうか。治療費、休業損害、将来の補償が心配です。
相談後 私が依頼を受けた時点で、すでに保険会社側には弁護士が受任しており、治療を3か月で打ち切ることについては、断固として撤回しない様子でした。
そこで、ご依頼者様と協議の上、まずは健康保険を利用して治療を続けました。また、この際、後々の請求に備えて、領収書を保管しておくとともに、医師には医療照会に回答してもらい、症状の推移を証拠化していきました。
6か月を経過した時点で、症状固定の診断を受けたため、医師に後遺障害診断書の作成を依頼しました。この際、医師のご協力を得て、自覚症状や神経学的所見、画像所見などのポイントについて詳しく記入してもらいました。
その後、被害者請求を通じて後遺障害14級の認定を受け、任意保険会社とも交渉した結果、健康保険で立て替えていた治療費の全額を回収し、かつ、治療期間中の休業損害の賠償も受けました。
そして、治療費、休業損害とは別に、約300万円の賠償(通院慰謝料、後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益など)を受けることもできました。
坂根 洋平弁護士からのコメント 被害者の方からのご相談で最も多いのが、治療の打ち切りに関する問題です。
保険会社は通常、むち打ち損傷の事案に対しては、3か月程度は特段渋ることなく、治療費を支払います。しかし、3か月を経過し、4か月~6か月の頃になると、徐々に症状について詳しく報告を求めるようになったり、病院に照会をかけたりすることで、「打ち切り」を試みるようになります。ある一定の段階までは、治療を延長してくれますが、強硬に打ち切ってくる場合もあります。本件はまさにそのような事例でした。
しかし、ご依頼者様は、少しでも身体の状態をよくすること、そして適正な賠償を受けることを希望されていましたので、上記の方針を採りました。
一つ一つの手続きやポイントを抑えることで、理不尽に追い込まれた状況を解消することが可能です。諦めずに、まずは弁護士に相談してみることが大事です。

お気に入りに追加
坂根 洋平
坂根 洋平 弁護士

浦和セントラル法律事務所

【むち打ち/関節可動域制限/高次脳機能障害/脳脊髄液減少症/死亡事故等】【労災事案...

電話番号

電話で問い合わせ
050-5283-3528

メールで問い合わせ

休業損害に関する解決事例

長島 雄太

長島 雄太弁護士

事故後すぐにご相談・ご依頼して、解決までの全てをお任せできました

車で直進していたところ、右横から急に車が飛び出してきたため、左にハンドルを切り路肩に乗り上げてしまい、奥様は腰椎捻挫、ご主人はむち打ちになり通院した事例です。 私たち夫婦は、事故後すぐに長島先生にご相談・ご依頼しました。 長島先生は、その後の病院・整骨院などの通院の関係や、休業補償についてなど、事故後のことにつ...

長島 雄太

長島 雄太弁護士

慰謝料や主婦の休業損害などを裁判基準のほぼ満額(総額680万円)で解決できました

被害者が走行中,道路から出てきた加害車両に衝突された事例です。被害者はこの事故で13級(併合)の後遺障害を負いました。 保険会社の対応が悪いということから当事務所にご相談いただきまして、交渉を行いましたところ,入通院慰謝料・後遺障害慰謝料・逸失利益・兼業主婦の休業損害などを裁判基準のほぼ満額で認めてもらい、既払い...

木下 正信

木下 正信弁護士

【人身事故・示談交渉】賠償額の300万円以上の増額に成功!

 相談者が,入院をするような大事故であり,後遺障害(14級9号)が残ったにもかかわらず,相手方保険会社が低廉な賠償案の提示しか行わず,譲ろうとしないとしてご相談を受けました。  また,相談者は,なかなか進展しない相手方保険会社との交渉に精神的に疲れているようでしたので,私は,法律専門家として,迅速かつ適正な賠...

妻鹿 琢生

妻鹿 琢生弁護士

後遺症の残った無職女性に主婦としての休業損害が認められました

夫婦で同乗中に交通事故に遭ったケースで奥様には後遺症(14級)が残り、加害者側の保険会社から少しでも多くの保険金を受領したいと思っていました。 奥様は主婦になったばかりであったところ、保険会社は事故前年度の収入を前提に低い金額の休業損害の提示していました。当職が受任したことにより、後遺症の残った奥様について主...

交通事故を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

休業損害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...