弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

休業損害の解決事例

治療の途中で保険会社に治療費を打ち切られたため、健康保険に切り替えて、適正な治療期間の賠償を得たケース

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

依頼主 女性 相談前 相談者は,未だに治療中であったにもかかわらず,事故から3か月程度で,一方的に治療費を打ち切られました。

相談後 当職が代理人について,健康保険に切り替えたうえで,適切な期間の治療を継続しました。

その後,適切な期間まで治療費だけでなく,その治療期間に応じた慰謝料と休業損害の賠償も受けることができました。
藤本 隆英弁護士からのコメント 本件は,相談者側の保険会社も,実際には弁護士費用特約(弁護士費用が自身の保険から支払われる)を利用できるにもかかわらず,虚偽の説明をしていた悪質なケースでした。

弁護士費用特約が自身の事故に適用されるかは,自身の保険会社の説明だけで判断せずに,必ず弁護士に相談いただくことが必要です。

お気に入りに追加
藤本 隆英
藤本 隆英 弁護士

高松あさひ法律事務所

【土日夜相談・初期費用なし・被害者側】賠償金が増額するケースが大半です。事故の直後...

電話で問い合わせ
050-5257-1552

メールで問い合わせ

休業損害に関する解決事例

栗田 道匡

栗田 道匡弁護士

後遺障害等級認定を獲得し、示談金が4倍になりました

ご相談者様は、普通乗用自動車に乗車して信号待ちで停車中、後方から同じく普通乗用自動車に追突され、外傷性頸部症候群の診断を受け通院。保険会社からは、後遺障害について、申請しても等級は認定されないと言われ、治療を終了して約68万円で示談したいという申し入れを受ける。示談金額および後遺障害等級を申請しないままで示談す...

井上 祐司

井上 祐司弁護士

現場の再確認により実況見分調書と違う態様を認定してもらえた例

直進車に巻き込まれたバイク事故。 車両と原付の衝突事故。保険会社からは大幅な過失を指摘されたうえ早期の治療終了を告げられ,精神的に動揺していた中での来所。 関節可動域がも制限されている疑いがあるなど,日常生活に大きな不自由も来していた状況であった。 本件では相手の車のドア部分の損傷と,相談者の運転していた原付...

西川 雄介

西川 雄介弁護士

【人身事故】専業主婦について休業損害や後遺症障害が認められ、弁護士介入前と比べて賠償金額が約3倍になった事例。

 私は、交通事故にあったのですが、相手の保険会社から提示された慰謝料の金額に納得がいきません。 ① 痛みで家事をうまく行えなくなってしまったのに、専業主婦で仕事をしていないのだから賠償する必要はないといわれてしまいました。事故にあって、ただでさえ苦しいのに理不尽なことを言われて嫌になりそうです。 ② また、保険...

西川 研一

西川 研一弁護士

【15万円⇒71万円にUP】示談金が4.5倍に増額!決め手は弁護士による的確で粘り強い交渉力

自動車走行中、前の車が急ブレーキをかけたためこちらもブレーキをかけたところ、後ろから追突されました。玉突き事故の真ん中です。ブレーキの勢いに加え、後ろからの衝撃もあり肋骨にヒビが入るケガとなりました。事故後通院を続けていましたが、2ヶ月過ぎた頃に保険会社から治療打ち切りの連絡がきて、その後示談金の提示がありまし...

交通事故を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

休業損害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  2. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  3. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  4. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  5. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...
  6. 道路に寝そべった男性、ひき逃げされた「被害...
  7. 「マイカー通勤」で死亡事故、遺族が運転手の...