弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

休業損害の解決事例

むちうちで後遺障害非該当の異議申立が認められ、14級9号の認定を受け、裁判せずに250万円の補償を受けた事例

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

依頼主 40代 男性 相談前 福岡県糟屋郡在住の男性が、自動車で信号呈茶中に後方より追突されるという交通事故に遭われました。

この事故で、むちうち等の怪我を負われ、事故から3ヵ月後、MRIを何度か撮った結果、脊髄空洞症と診断されました。

しかし、事故によるものかどうかは分からないと医師から言われ、今後の後遺障害の事や示談交渉についての見通しを知りたいと相談に来られました。
相談後 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃当事務所の活動
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
依頼者は、事故後の症状により長期休業を余儀なくされて、生活費が不足していました。

そこで、受任後は依頼者に治療に専念していただくことにし、当事務所は保険会社に対し、速やかに休業損害の内払い交渉を行うことにしました。

示談前に損害賠償金の一部を先払いしてもらうことを「内払い」といいます。

もっとも、保険会社には内払い自体に応じる法的義務がなく、交渉が難航することがしばしばです。

本件では、依頼者に生じている休業損害を証明するため、休業損害証明書、賞与減額証明書等の必要書類の作成を勤務先に依頼し、これを休業損害が発生する毎に保険会社へ送付して請求しました。

これにより、依頼者は休業損害を早期に補填され、生活費の不足が解消されました。

次に、依頼者には懸命な療養を行ったにも関わらず、事故6ヵ月を経過しても症状が強く残存していたため、症状固定して後遺障害申請を行うことにしました。

そこで、依頼者と協議し、以下のような事実や医学的証拠を準備しました。
-------------------------------------------------
 1,事故前には何ら症状がなかったところ、事故後に依頼者が複数の病院に通い、頚部へのトリガーポイント注射などの積極的な治療を受けており、その旨の診断書等があること
 2,症状固定後、異議申し立て時にいたるまでも自費で通院し、痛みの軽快に向けた努力をしていること
 3,頚部脊髄の損傷を認めるMRI検査報告書
 4,日常生活動作に支障を来しているという報告書
-------------------------------------------------
以上のような事実や医学的証拠から、本件の事故による受傷を契機として依頼者の症状が発現し、以降症状の一貫性や治療の連続性が認められること、よって、受傷時の状態や治療の経過などから単なる故意の誇張ではないと医学的に推定されるものであることを主張し、異議申し立てを行いました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃当事務所が関与した結果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
異議申立ての結果、後遺障害等級14級9号の認定が下りました。

これを前提に相手方と交渉し、治療費や休業損害等の既払い金を除き250万での示談解決となりました。

==主な損害項目とサポート結果========================
 ●休 業 損 害:170万円
 ●傷害慰謝料:89万円【裁判基準】
 ●逸 失 利 益:131万円【労働能力喪失期間:5年、労働能力喪失率:5%】
 ●後遺障害慰謝料:110万円【裁判基準】
 ●最終支払額:250万円(既払い金除く)
==========================================
宮田 卓弥弁護士からのコメント 損害賠償金の支払は、示談や判決の後に一括して行われるのが通常です。

このため、本件のように事故で休業を余儀なくされる方は、生活費に困るような事態に陥りかねません。

このような場合、当事務所は内払交渉に積極的に取り組んでいます。

また、後遺障害認定が14級と非該当では、最終的な賠償額に大きな差が出てきます。

今回のように、14級が認定されるべきところを非該当となった場合には、医学的な検討を加え、異議申し立てを行います。

お客様からのアンケートなどは下記URLよりご覧ください。
-------------------------------------------------
http://www.miyata-kotsujiko.com/175/17502014/175025060250/

お気に入りに追加
宮田 卓弥
宮田 卓弥 弁護士

弁護士法人たくみ法律事務所

★九州最大級の解決実績★解決するまで費用は発生しません★保険会社とのやり取りはお任せ★...

電話で問い合わせ
050-5877-0416

メールで問い合わせ

休業損害に関する解決事例

宮田 卓弥

宮田 卓弥弁護士

50代男性が主夫として休業損害・逸失利益の補償を受け、360万円で解決した事例(14級)

佐賀県在住の男性が、原付バイクで走行中に道路外より侵入してきた加害車両に側面衝突され、腰椎捻挫等の怪我を負う交通事故に遭われました。 保険会社との交渉や後遺障害の認定について知りたいとのことで相談に来られ、以後の交渉を任せたいとのことで受任いたしました。┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┃当事務所の活動 ┗━━━━━━━━━━━━...

宮田 卓弥

宮田 卓弥弁護士

弁護士による交渉のみで50代主婦の逸失利益が認められ、424万円が補償された事例(14級)

被害者の方は、事故後7ヵ月通院し相手方保険会社より治療の打ち切りを言われたため、今後の交渉や後遺障害のことについて相談したいと来所されました。 症状固定後も痛みが治まらず自費で通院しており出費となっていること、近々息子の大学受験・入学等の諸費用の出費もあることから、早期にまとまったお金が欲しいという希望がある...

壹岐 晋大

壹岐 晋大弁護士

示談金提示後の交渉で約50万円増額解決した事例(むちうち)

20代の福岡市在住の女性が、夫の運転する車の助手席に乗って高速道路を走行中、後方から車線変更しながら追い抜こうとした加害車両に追突される事故に遭い、頚椎捻挫・腰椎捻挫・手関節捻挫の怪我を負われました。 被害者は5ヶ月に渡る治療を行い、幸いにして症状はほとんど残存しませんでした。 このため、治療終了時点までの損...

壹岐 晋大

壹岐 晋大弁護士

自営業者の男性が依頼後わずか1ヵ月で、保険会社の提示額よりで約140万円増額できた事例(むちうち)

60代の福岡市在住の男性が、福岡県内の信号機のあるT字路の交差点で、渋滞のため停止していたところ、後方から相手車両に衝突される事故に遭いました。 事故の影響で、男性は頚椎捻挫・右肩関節捻挫の怪我を負われました。 この方は、幸いにも後遺障害が残らず、治療終了後、保険会社から示談金の提示がなされていました。 提...

交通事故を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

休業損害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  2. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  3. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  4. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  5. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...
  6. 道路に寝そべった男性、ひき逃げされた「被害...
  7. 「マイカー通勤」で死亡事故、遺族が運転手の...