弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

休業損害の解決事例

交通事故トラブル

依頼主 20代 男性 相談前 依頼者は,20代後半の男性。建築関係の会社に勤務する高額所得者でしたが,税務申告をしておらず,休業損害について争いになりました。 相談後 保険会社は,所得が証明できないとして,極めて低額の提示しかしなかったので,訴訟を提起しました。
依頼者が,勤務していた会社が突然倒産し,損害額の立証がますます困難になるという不運もありましたが,間接事実を丁寧に立証することで,最終的に当方が主張する賃金センサスを基準とした休業損害で和解ができました。
吉田 徹弁護士からのコメント  

お気に入りに追加
吉田 徹
吉田 徹 弁護士

吉田総合法律事務所

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】【久屋大通駅6分】200件以上の相談実績。後遺...

電話で問い合わせ
050-5265-1764

メールで問い合わせ

休業損害に関する解決事例

谷口 彰

谷口 彰弁護士

「休業損害と慰謝料を裁判基準で」と主張し、110万円の上乗せに。

*弁護士法人リーガルプラスの解決事例です 被害者の方が追突事故で被害を受け、頚椎捻挫等、いわゆる鞭打ちという症状でした。 その症状について後遺障害として認定され、その後、保険会社から保険示談金の提示がありまして、当事務所にお越しいただきました。 保険会社の提示を見て思ったことは、休業損害といわれるものが低いと...

小泉 始

小泉 始弁護士

休業損害による保険会社との紛争

50代の男性が運転中の車に、加害者車両が追突しました。依頼者は、自営業であったため、休業するなどしたが、休業損害などの基準となる収入の点で、保険会社と紛争になりました。 最終的には訴訟を提起し、保険会社との間で、当方の主張を取り入れる形での収入額を基準とした額で和解しました。 当方の収入につ...

渡邊 慎一

渡邊 慎一弁護士

追突されて怪我をした案件

自動車を運転中に追突されて怪我をしたもの。当方の過失がゼロであるため、弁護士特約で受任したもの。保険会社とも協力しながら、適切な対応を進めたもの。依頼者は、頸椎捻挫で後遺障害が認定された。主婦であったため、休業損害について、折衝が必要となったが、最終的には依頼者にも満足いく内容にて示談を成立させたもの。怪我を...

齋藤 碧

齋藤 碧弁護士

「休業損害と慰謝料を裁判基準で」と主張し、110万円の上乗せに。

*弁護士法人リーガルプラスの解決事例です 被害者の方が追突事故で被害を受け、頚椎捻挫等、いわゆる鞭打ちという症状でした。 その症状について後遺障害として認定され、その後、保険会社から保険示談金の提示がありまして、当事務所にお越しいただきました。保険会社の提示を見て思ったことは、休業損害といわれるものが低いとい...

交通事故を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

休業損害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  2. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  3. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  4. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  5. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...
  6. 道路に寝そべった男性、ひき逃げされた「被害...
  7. 「マイカー通勤」で死亡事故、遺族が運転手の...