弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

休業損害 : 交通事故による休業と損害の補償について

レンタカーとの事故で、車の休業補償代金を請求されています。支払い義務はありますか?

昨年、自分の運転する自動車で、旅行者のレンタカーと事故を起こしてしまいました。
双方に怪我は無く、お互いの車の修理代のみが発生しました。こちらの任意保険の会社とレンタカー側の保険会社との話し合いにより、過失割合はレンタカー2に対しこちらが8となり、各保険会社から双方に相応の補償額が支払われました。
しかし先日レンタカーの運転者から、
「私がレンタカー会社に払った、車の休業補償代金2万円を払って下さい。
あなたの側の保険会社に請求したが、払わないと言われたのであなたに請求します。
私は事故により旅行の日程が狂い精神的苦痛を受けた。損害賠償として払ってほしい。
支払わない場合は訴訟を起こします」との連絡がありました。返答はまだしていません。

先生方にご質問致します。

①私はこの2万円全額を支払わなければならないのでしょうか?
②「精神的苦痛を受けた損害賠償として」とありますが、もしこれを支払ってしまうと、今後
「あの時の事が原因で体調を崩した。治療費を払え」という請求にも応じざるを得なくなって
しまわないでしょうか?
お困りのことと存じます。

車の休業補償というのは休車損害と言われるものかと思われます。
その前提でお話しすると、休車損害は、レンタカー会社が請求権者であり、今回の相手方ではありません。仮に第三者弁済したことで、レンタカー会社から今回の相手方に債権が移転したと考えても、債権譲渡の対抗力(499条2項)がなければあなたに対抗できないとする構成が取りうると思われます。
また、精神的苦痛の慰謝料についても、交通事故の場合、お怪我の場合は通院期間に応じて慰謝料が算定され、物損の慰謝料は基本的に認められないとされています。それ以上に精神的苦痛があることについては、相手方が主張立証しなければなりませんし、そう簡単にはいかないことが予想されます。

現段階で任意にお支払いする必要はないでしょう。
本当に訴訟提起してきた段階で、弁護士に依頼して争えばいいだけかと思われます。
早急のご回答いただきまして、深く感謝しております。

だいぶ気持ちが楽になりましたが、
相手方が、「支払いの無い場合は少額訴訟を起こす。
その場合はあなたにこちらの裁判所まで来てもらう。
欠席した場合は裁判費用も上乗せして請求する。」と
言っているのですが、

①裁判所から出頭命令があった場合、応じなければ
私不在で裁判が行われ私の全面的な負けになって
しまうのでしょうか?
②相手方の言う裁判所は私の住居から飛行機で数時間の
大変な遠方です。多額の交通費や時間を使ってでも
行かなければならないのでしょうか?

矢継ぎ早の質問で大変恐縮なのですが、先生方の
アドバイスを戴ければ幸いに存じます。
①裁判所から出頭命令があった場合、応じなければ 私不在で裁判が行われ私の全面的な負けになってしまうのでしょうか?
→まず、答弁書を提出する必要があります(郵送可)。以下、裁判所のホームページからの引用です。

「答弁書」とは,裁判所と原告に,自分の言い分を伝えるために作成し,提出する書面です。訴状に記載されている原告の言い分の中で,どこが正しく,どこが違うか等を書き,決められた期日までに,裁判所に提出してください。
なお,原告が話合いに応じれば,「和解」といって,話合いで解決する方法もありますので,分割払による話合いを希望するときは,その旨も書いてください。
各簡易裁判所には,答弁書の定型用紙が備え付けられています。なお,裁判所ウェブサイト(各地の裁判所のサイト内に各庁独自の書式がある場合もあります。)からダウンロードすることもできます。


②相手方の言う裁判所は私の住居から飛行機で数時間の 大変な遠方です。多額の交通費や時間を使ってでも行かなければならないのでしょうか?
→これもまた裁判所のホームページから引用します。

病気や遠方に住んでいるなどの理由により,どうしても期日に来られない場合は,できる限り早く,担当の裁判所書記官にご相談ください。答弁書を提出せず,また決められた最初の期日にも裁判所に来ない場合,原告の言い分どおりの判決が出ることがあります。
重ねての質問にかかわらずご丁寧な回答をいただき、
感謝の言葉もございません。
アドバイス頂きました流れで対応してみようと思います。
本当に有難うございました。
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
良い解決になることを祈念しています。

b4_4241さん
2018年03月25日 01時32分

みんなの回答

金原 光俊
金原 光俊 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県1 交通事故に注力する弁護士
ありがとう

2018年03月25日 08時04分

b4_4241 さん (質問者)

2018年03月25日 11時38分

金原 光俊
金原 光俊 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県1 交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2018年03月25日 12時17分

b4_4241 さん (質問者)

2018年03月25日 12時34分

金原 光俊
金原 光俊 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県1 交通事故に注力する弁護士
ありがとう

2018年03月25日 12時51分

この投稿は、2018年03月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

知らなかったことで泣かないため 道しるべここにあります

交通事故被害に遭ったときに、
この先知っておくべき注意点解決までのステップが1ページでわかります。

関連度の高い法律ガイド

交通事故による休業損害の期間や計算方法

交通事故によって負傷した場合には、通院や入院を余儀なくされ、その間に仕事ができない場合も多いでしょう。収入の補填を休業損害として加害者に求め...

【交通事故】自賠責保険で支払われる休業損害の金額と計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもら...

任意保険未加入で車を運転中に自転車と事故…被害はどう弁償する?

任意保険未加入の状態で車を運転していて、自転車と交通事故を起こしてしまった場合、どのように被害を弁償していけばよいのでしょうか。「[みんなの法...

あおり運転など相手の危険な運転が原因で事故…「過失割合」はどうなる?

あおり運転や進路妨害からの急ブレーキなど、相手の危険な運転が原因で事故が起きるケースがあります。このような場合、自分と相手の過失割合(事故が...

【交通事故の休業損害】被害者が給与所得者だった場合の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもら...

この相談に近い法律相談

  • 自動車事故の休業補償について

    自動車事故の休業損害について 追突事故を起こし、自らもむち打ちの症状により病院に通う。 休業補償について保険会社の代理店に相談したところ、休業をしていなくても書類だけそろっていれば休業補償が出るので出してみるようにとのことで休業補償申告書を提出。 給料と休業補償の両方が振り込まれる。休業補償は2か月分受け取っ...

  • 過失割合7:3の場合の追突、休業補償について

    見晴らしの良いT字路にて当方幹線道路直進中に脇の小道から前方不注意の左折車に追突されました。当方優先道路ですが相手方走行の小道に一時停止がなかったことで過失割合は7(私):3(相手)となりました。当方専業主婦なのですが、この過失割合の場合、専業主婦の休業補償は対象外なのでしょうか?宜しくお願いします。

  • 休業補償を受けている間の海外旅行

    交通事故の被害者で労災と加害者の任意保険から休業補償を受けています。 事故前から計画している海外旅行に行きたいと思っています。 その場合、リハビリを数回休むことになります。補償に影響はありますか? また、後遺症害認定の際不利になりますか?

  • 休業補償

    自動車で追突事故をされました。 相手との過失の割合は100対0で相手側が100%の過失です。 休業補償に対してお聞きしたいのですが、通常仕事をしていればその給料の補償と言う事になりますが、仕事を持っていない年金暮らしの者はどうなるのでしょうか?

  • 休業補償について

    現在交通事故による怪我で通院中で保険会社より休業補償を受けております過失割合9 :1でこちらが被害者です。この休業補償の計算方法なんですが給与の3ヶ月÷90=休日日数で合っていますか?そこに本来であれば給与+ 社会保険料・資格手当などは、請求出来ないのでしょうか?これは普通に会社に行っていれば貰えるはずの手当です。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

休業損害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。