弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

休業損害 : 交通事故による休業と損害の補償について

傷害事件の示談について

かなり酔って帰宅途中に、最寄の駅で傷害事件を起こし、被害者様に全治2週間の怪我を負わせてしまいました。

現在、弁護士を通じて示談交渉に入ったところなのですが、被害者様側から「会社を休んだ給与補償と治療費、慰謝料の合計160万円で示談する。それ以外は示談に応じない」という回答でした。

弁護士より「かなりご立腹の様子なので、減額交渉を下手にしてしまって、金輪際交渉には応じない」ということになってしまったら示談への道が閉ざされてしまうというような話がありました。

事件を起こした自分自身が悪いことは重々承知していますが、160万円という金額は妥当なものなのでしょうか?示談できない⇒起訴されて前科が付く⇒勤務先も辞めざる終えない⇒示談に応じるだろうと被害者様側が考えていて、ものすごく足元を見られている気がします。

いろいろ調べていると、同じようなケースでの慰謝料は最高でも50万円程度というのが多く、休業補償と治療費が10万円とすると、150万円が慰謝料ということになるかと思いますが、かなり法外な気がしてなりません。

ただ実際、起訴されてしまうと会社に復帰がかなわなくなる可能性が大なので、やはり応じるしかないのでしょうか?
> 同じようなケースでの慰謝料は最高でも50万円程度というのが多く、休業補償と治療費が10万円とすると、150万円が慰謝料ということになるかと思いますが、かなり法外な気がしてなりません。
 まず損害の内訳を把握することが先決です。
 傷害事件の慰謝料額が50万円というのは平均よりも高いとは思いますが,行為の状況,怪我の状況によって全く異なります。
 殴られて眼球や網膜に影響が出たり後遺症が疑われる場合と,蹴られて足に青あざができた程度では当然ながら慰謝料額は異なります。前者では50万円を超える慰謝料が生じることはさほど珍しくありません。
 休業補償も同様です。
 給与明細や源泉徴収票が発行されている給与所得者なのか,まともに所得税の確定申告もしていない自営業者なのか,そのあたりによって本来支払うべき適正な金額は変わり得ます。
 
 それらを踏まえたうえで,起訴を回避したいという事情も加味して少し高額な示談金を支払わなければならない,というところが落ち着きどころではないかと考えます。
 
> 示談できない⇒起訴されて前科が付く⇒勤務先も辞めざる終えない⇒示談に応じるだろうと被害者様側が考えていて、
 良いか悪いかはともかく,これは,被害に遭った被害者の心理としては極めて自然です。
回答ありがとうございます。

被害者様の怪我の程度ですが、口の中を切ってしまっていること、転んだ際に足を打ってしまっていること
ぐらいです。

すみません。あと会社勤めの方で、会社をお休みしたことによる補償が2万円、治療費が8万円で10万円。慰謝料として150万円というのが、被害者様側が弁護士に話した内容です。 > 被害者様の怪我の程度ですが、口の中を切ってしまっていること、転んだ際に足を打ってしまっていること
> ぐらいです。
> 慰謝料として150万円というのが、被害者様側が弁護士に話した内容です
事実関係がこのとおりであるとすれば,相場感覚からあまりにかけ離れすぎていて,およそ話にならない金額であると感じます。
 事案によっては検察官が公益の代表者として被害者の説得を試みてくれる場合もありますが,いずれにせよその金額を支払っても本当に起訴を回避したいのかどうか,弁護士さんとよく相談されることをおすすめします。
 

b4_1bd3さん
2017年11月29日 14時21分

みんなの回答

井上 祐司
井上 祐司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 広島県1 交通事故に注力する弁護士
ありがとう

2017年11月29日 15時11分

b4_1bd3 さん (質問者)

2017年11月29日 15時35分

b4_1bd3 さん (質問者)

2017年11月29日 15時38分

井上 祐司
井上 祐司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 広島県1 交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2017年11月29日 20時06分

この投稿は、2017年11月29日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

交通事故による休業損害の期間や計算方法

交通事故によって負傷した場合には、通院や入院を余儀なくされ、その間に仕事ができない場合も多いでしょう。収入の補填を休業損害として加害者に求め...

傷害事件・傷害罪での慰謝料・損害賠償や示談金の相場

人に暴行を加え、傷害(怪我)を負わせた場合には、加害者は治療費などの被害を損害賠償する責任があります。賠償方法は、示談交渉を行った上で支払う...

この相談に近い法律相談

  • 傷害、示談、休業補償について

    鎖骨骨折全治3ヶ月のけがを負わせ示談と言う事になりました、休業補償ですが、被害者の方は毎日出社しており、会社社長ですので作業は社員、外注の方達がしてますので業務に支障はないのでは?と考えています、通院した日を休業扱いとする様ですが、出社した後1,2時間会社を抜けて病院へ行った場合でも休業扱いとなるのでしょうか?また...

  • 酔っぱらた友達から休業補償、慰謝料はもらうことができるんでしょう?

    私の知り合いが酔っぱらって、私の足を踏んでしまい私病院に行き打撲と診断され一週間ギブスの全治3週間と診断されました。治療費は払ってもらえるんですが、その間仕事ができないんですけど休業補償、また慰謝料は請求できるんでしょうか、相談いたします。

  • 物損示談、他治療、休業補償の件

    先月、交通事故に遭い、保険会社の対応に不信感をもっています。休業補償や、治療費などの説明もありましたが、全ては理解できず、言われたままになっている様に感じています。 一時停止側の車に追突され、車の足まわりがそっくり落ちてしまい修理に100万以上かかると言われ、買い替えする羽目になりました。 追突されでムチウチに...

  • 慰謝料としての示談後に休業補償と通院費の労災申請

    派遣先で第三者行為により暴行を受け、示談として慰謝料は頂きましたが休業補償と通院費は会社を通して労災申請する所です。 製造現場内で作業者Aが被災者に前日の作業ミスを注意され、被災者からの返答に不快を感じ、それを伝え聞いた作業者Bが激化し、被災者に掴み掛かり怪我を負わせた場合、 申請受理の見込みはあるでしょうか? ...

  • 傷害事件・示談金はいくら位が妥当ですか?

    傷害事件の被害者です。 事件の内容は私の仕事中に、 酔った相手の見知らぬ男性からクビを締められ、平手で二発、手拳で一発、のぼり棒で4発殴られました。 相手はその場に駆けつけた警察官に暴行罪で現行犯逮捕。 私も警察で調書を取られ8時間ほど拘束されその日はその後仕事を休まざるを得ませんでした。 翌日病院で見てもら...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

休業損害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  2. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  3. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  4. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  5. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...
  6. 道路に寝そべった男性、ひき逃げされた「被害...
  7. 「マイカー通勤」で死亡事故、遺族が運転手の...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。