弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

症状固定 : 症状固定|示談のタイミングや注意点

症状固定後の将来の治療費の請求について

症状固定後の治療費の請求について
植物状態で症状固定後も保存治療(生命維持治療)の治療費がかかる場合、将来の治療費も請求できると思うのですが、現在、加害者が治療費は払ってくれています。
ただ、逸失利益に争いがあるので、訴訟中の場合、現在治療費は払ってくれているので損害に入れていないのですが、判決後、加害者の気が変わり、治療費を払ってくれなくなったとき、
再度訴訟で治療費の請求はできるのでしょうか。
どうすればいいのでしょうか。
 植物状態のような高度の後遺障害が残存した場合、現状維持のための将来の治療費(症状固定後の治療費)について、損害として請求することが許されます。
 請求方法としては2通りです。
①平均余命までの将来の治療費を一括して請求する。
 ただし、中間利息の控除がなされるので、その分、減額となります。
②定期金払い
 月額何万円等、決められた金額を被害者が存命の間、将来にわたり、定期的に支払ってもらえます。被害者が亡くなった時点で支払いも終了します。また、加害者の資力が途中で悪化した場合にそれ以降の分が回収できなくなるリスクがあります。
 

> 再度訴訟で治療費の請求はできるのでしょうか。

 今回の訴訟で将来の治療費についても、きちんと請求しておかないと、再度の訴訟の際、「前回の訴訟で全て解決済みだ」とされ、請求が認められない恐れがあります。
ありがとうございます。
1つだけ、追加質問させてください。
現在は加害者が払ってくれているので、損害がなく、気が変わらない限りこのまま払ってくれる(損害はないだろう)と思うのですが、それでも、現在1月にかかっている治療費を調べて、将来分を損害に加えて請求する(その方法は石田先生が書いてくださった2つの方法のいずれかで)ということでいいでしょうか。
> 現在は加害者が払ってくれているので、損害がなく、気が変わらない限りこのまま払ってくれる(損害はないだろう)と思うのですが、

 加害者の好意という曖昧なものに任せて、このあたりを詰めないまま、「解決」してしまうことにより、被害者が将来において損害を被らないかが心配ということです。
 加害者の気が変わった場合にどうするのか?ということですね。

allieさん
2017年06月26日 14時38分

みんなの回答

石田 岳彦
石田 岳彦 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府5 交通事故に注力する弁護士
ありがとう

2017年06月26日 15時17分

allie さん (質問者)

2017年06月27日 09時48分

石田 岳彦
石田 岳彦 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府5 交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2017年06月27日 11時14分

この投稿は、2017年06月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

交通事故の治療費打ち切りの対策・対処 - 適切な症状固定に向けて

交通事故の被害に遭い、怪我の治療に専念していると、保険会社から「改善が見込めないので、治療を打ち切り、症状固定としましょう」などと言われるこ...

交通事故でかかった治療費はどこまで請求できるのか?自賠責で対応可能な範囲や立替などの注意点

交通事故で負傷した場合には、治療費は加害者負担となり、通常は自賠責保険で最低限の保障がされています。しかし、自賠責には上限があり、任意保険会...

交通事故による後遺症と逸失利益の計算 - 基礎収入や期間の算定方法

交通事故の被害によって怪我をし、後遺症が残った場合には、逸失利益と呼ばれる損害賠償を請求することができます。症状の重さや年齢によって逸失利益...

交通事故による休業損害の期間や計算方法

交通事故によって負傷した場合には、通院や入院を余儀なくされ、その間に仕事ができない場合も多いでしょう。収入の補填を休業損害として加害者に求め...

交通事故による後遺障害認定の流れ - 被害者請求や非該当となった際の対処法

交通事故によって後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害認定を受けることで、慰謝料や逸失利益を請求することが可能です。しかし、保険会社に任せ...

この相談に近い法律相談

  • 医師の診断書作成拒否

    家族のものが交通事故にあい、一年以上通院を続けています。 回復の見込みがこれ以上ない事をその者も実感しているようですが 現在の主治医(大病院)が転院を強く勧めているそうです。 今後の後遺障害診断書の事など考えると、初めから診て頂いている 今の主治医に書いて頂くのが一番だと思っていたのに 医師からかたくなに、転...

  • 交通事故 :整形外科医から診察を拒まれた場合の対処法

    横断歩道を横断中に車にはねられるという交通事故に遭い、1年以上経ちます。 左膝半月板損傷、左大腿部靭帯損傷、頚椎骨折、恥骨ヒビ及び乖離、右手甲骨折の怪我で一週間入院、約半月自宅療養でした。 事故の日以来、約10ヶ月、整形外科で診察を受け、治療に専念してきましたが、ロキソニン、ボルタレンの服用薬と座薬が出るだけ...

  • 管理栄養士の味覚障害、110万の慰謝料は妥当??

    半年前に虫歯治療で麻酔注射を行った際に舌の神経が損傷し、舌左半分の味覚減退(おそらく14級)となり、現在症状固定となりました。 耳鼻科で左舌味覚障害、口腔外科で左舌味覚減退の診断書をいただいています。 歯科医師会の方からは解決金110万円と通知が来たのですが、これは適正金額ですか?? 内訳として通院慰謝料44万、後遺障...

  • 高次脳機能障害の症状固定時期について

    当時14歳(中2)だった娘が下校中に交通事故の被害に遭い、間もなく丸3年が経ちます。(現在17歳) 外傷性てんかんと高次脳機能障害で今も通院中です。それぞれ違う病院に通院しています。 中学卒業後は、私立のサポート校へ進学しましたが、高次脳機能障害からの色々な問題で中退しました。 今は近所の理解のあるラーメン店でリハ...

  • 後遺障害診断書の作成拒否

    損保側がリサーチ会社を通じ、(後遺症にあたる)症状について主治医に回答を求めました 主治医は以下のように書面回答しています 1,事故との因果関係は不明 2,症状固定は、(初診から6か月後)の期日 3,(後遺症にあたる症状は)残存する可能性が高い 初診から6か月経過、症状が残り後遺障害診断書の作成を依頼しましたが… ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

症状固定の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...
  2. 道路に寝そべった男性、ひき逃げされた「被害...
  3. 「マイカー通勤」で死亡事故、遺族が運転手の...
  4. 横浜小1死亡事故、「高齢ドライバー」不起訴...
  5. 「歩きスマホ」VS「3人乗り自転車」歩道で事...
  6. 追い越し車の「飛び石」でマイカーのフロント...
  7. 赤信号の交差点に進入した「パトカー」が車と...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。