弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

後遺障害 : 等級や認定手続きなど交通事故の後遺障害

交通事故の後遺障害の「痛み」を証明する方法

交通事故の後遺障害の「痛み」を証明する方法で困っています。

手足の痛みがあり、診断書を提出したのですが、裁判官に「医学的証拠しては厳しい」と言われ
証拠の追加を言われています。

MRIで分かると聞いて医師に聞きましたが「MRIでは分からない」と
否定する医師もいて困っています。

大学病院に行っても、若い医師が担当になり、分からないと否定されました。

MRI以外で、神経内科や精神内科でPTSDによる痛みなどと証明してもらう方法も
有るとのことですが、具体的にどのような検査とどのような書類が必要なのでしょうか?

痛みがあるにもかかわらず自覚症状だけではダメと言われ
医師に聞いても分からないと言われ大変困っています。
現在の医学で診断できないような痛みの問題は、後遺症認定に障害となっています。 医師に聞いても分からないと言われ大変困っています。

例えば医療専門の弁護士に相談して,その手に強いお医者様を紹介して頂いてはいかがでしょうか。
MRIでわかる場合というのは、画像上骨がずれているのが分かるようなケースです。わからないケースもあります。交通事故の後遺障害では、証拠が認められないが理屈上十分有り得るケースが14級、証拠があるケースを12級とするという取り扱いがされているはずです。

PTSDということになると、むしろ、そのような証拠上認められる他覚的所見がないことになりますし、今の裁判では、PTSDはあまり後遺障害として認めない傾向にあります。
 疼痛の程度がどのくらいかは結局のところ、患者本人にしか分からず、また、その程度を客観的な数字で示すことも困難です。
 そのため、裁判所としても、被害者が強い疼痛を訴えていることのみを理由に重い後遺障害を認定することには基本的に慎重となります。
 自賠責保険の基準では、負傷部位に強い疼痛等の神経症状が残る場合、これを医学的に裏付ける他覚所見(レントゲン写真による骨折部位の変形治癒、MRI画像による神経圧迫所見等)がある場合には12級、ない場合には14級を認定します。

tshatuさん
2014年04月23日 01時33分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう

2014年04月23日 01時41分

弁護士B
ありがとう

2014年04月23日 04時28分

大村 真司
大村 真司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 広島県2 交通事故に注力する弁護士
ありがとう

2014年04月23日 08時36分

弁護士C
ベストアンサー
ありがとう

2014年04月23日 15時57分

この投稿は、2014年04月23日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では10,221名の弁護士から、「後遺障害等級認定に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

交通事故による後遺障害認定の流れ - 被害者請求や非該当となった際の対処法

交通事故によって後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害認定を受けることで、慰謝料や逸失利益を請求することが可能です。しかし、保険会社に任せ...

後遺障害等級と自賠責保険の限度額や等級の併合について

交通事故によって後遺症を負った際には、後遺障害の等級に認定されるかどうかが重要なポイントとなります。後遺障害に認定されれば、慰謝料や逸失利益...

交通事故の弁護士費用 - 示談や裁判、後遺障害認定などケース別の報酬相場

交通事故の被害に遭った際に、費用を心配して弁護士に依頼することを躊躇してしまうこともあるでしょう。保険会社からの示談金の提示額に納得がいかず...

この相談に近い法律相談

  • 交通事故の後遺障害の「痛み」を証言していただくため、医師の証人が必要と裁判官に言われました。

    いつもお世話になっております。 ようやく医学的証拠が証明され、裁判が終わるのかと思いましたら 今度は裁判官に「なぜ骨折したせいで神経が損傷したのか分からないので書類を作成した医師に証人として来てもらいます」 と言われました。 そのため今週医師にお願いに行くのですが、裁判ではどのような事を証言してもらったら良...

  • 他覚症状なく痛みで可動域制限がある場合の後遺障害

    人身事故の後遺障害について教えて下さい。 交通事故により手首の骨折の手術をして、半年後抜釘しました。 現在は事故から7ヶ月です。 術後から必死でリハビリし、指示通りに通い、自分でも常に動かしていて、主治医が言うには完治に近い状態らしいです。 MRIなどの検査からも、他覚症状はほとんどなく、物理的にも手首の可動域...

  • 後遺障害申請前にMRIを撮る?

    交通事故で7週間の診断書がでました。 入院は一ヶ月で現在通院中です。 後遺障害の申請をするんですが、事故後すぐに撮ったMRIありますが最後にもう一度MRIを撮ってから後遺障害の申請をするのが一般的ですか? 12級か14級になりそうなんですが、撮影しない方が12級になる可能性もありますよね?

  • 交通事故の後遺障害について

    1年ほど前、交通事故にあい右足首を骨折しプレートを入れる手術を受けました。その後8ヶ月間リハビリに通いましたがこれ以上はよくならないと医師に言われ、リハビリは終了になりました。 事故前に比べ、足首の稼働域が少し狭くなり、歩行時に痛みがあります。医師からは痛みの原因は稼働域が狭いからだと言われています。 日常生活に...

  • 後遺障害について

    半年前の交通事故で尾骨を骨折、痛みが強く(骨折部分以外にも腰や足にもしびれや鈍痛がある)現在も治療を継続している。痛みを緩和するためリハビリを受けている状態。 1つの病院では不安になり、セカンドオピニオンで診察を受けた医師には痛みが治まるには1年くらいかかるだろうと言われ、今後骨が再生する可能性は低く後遺障害に...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

後遺障害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 「マイカー通勤」で死亡事故、遺族が運転手の...
  2. 横浜小1死亡事故、「高齢ドライバー」不起訴...
  3. 「歩きスマホ」VS「3人乗り自転車」歩道で事...
  4. 追い越し車の「飛び石」でマイカーのフロント...
  5. 赤信号の交差点に進入した「パトカー」が車と...
  6. 交通事故で異例の「刑免除」判決、背景にある...
  7. 「十分な注意が必要」ノーリードで犬飼育、ペ...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。