弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

交通事故

交通事故の被害に遭った場合には、治療費や会社を休んだことによる給与の補填など、事故によって発生したあらゆる損害を加害者に請求することができます。加害者と交渉する場合には、多くの場合は加害者の加入している自動車保険の担当者を通して行います。注意しなければならないのは、保険会社が提示する賠償額は必ずしも十分な金額ではないということです。保険会社は営利企業であるということを忘れていけません。

適切な金額の損害賠償や慰謝料を受け取るためには、まずはどういった補償を受けることができるのかを知り、その相場を理解することが重要です。後遺症を患ってしまった場合には、後遺障害で認定される等級次第では、賠償額はまさに桁違いとなるのです。交通事故問題の解決の流れや対処方法を学び、後悔のないように対策しましょう。

相談
ガイド

解決への流れ

交通事故の被害に遭ったら、中には刑事責任を問うこともありますが、最終的には慰謝料や損害賠償を受け取ることで解決を図るケースが多いでしょう。適切な金額を受け取るためには、保険会社に言われるがままにしていてはいけません。特に治療がまだ終わっていない段階では、正しい金額を計算することができないため、示談交渉に応じるのは得策ではありません。治療、そして後遺障害認定を経て、適正な金額を知った上で交渉に望みましょう。

治療

交通事故により怪我をした場合には、治療費を加害者に請求することができるため、まずは治療に専念することが重要です。通院するに当たっては、慰謝料額を最大限受け取り、治療費を打ち切られないためにも、ある程度の通院日数・頻度が必要です。また、後遺障害認定を受けるためには、医師の診断書が発行される整形外科などの医院に通うことが重要です。

step 1

後遺症

治療に専念したとしても、後遺症が残ってしまうこともあるでしょう。認定された後遺障害の等級によっては、損害賠償や慰謝料の金額は桁違いなものとなるため、何も対策をしないと大きな損失となる可能性も高いのです。後遺障害とは何か、正しく認定を受けるためにできることは何かを知り、適切な対策を施しましょう。

step 2

慰謝料・損害賠償

治療が終わり、必要に応じて後遺障害の認定が済んだら、交通事故による損害額を計算することができます。損害には治療費や慰謝料だけでなく、会社を休んだことによって支給されなかった給与の補償なども含まれます。保険会社が提示する金額は、多くの場合で適正な水準よりも低額なため、慰謝料・損害賠償の相場を学び、正しい金額を主張しましょう。

step 3

慰謝料や損害賠償の金額の相場観を掴んだら、いよいよ保険会社との交渉に入ります。交渉の段階では、被害者であるあなたにも事故を起こした責任があったとして過失割合を争うことも多くあります。また、慰謝料などの金額についても自社基準でしか払おうとしないことも多いでしょう。経験豊富な保険会社と素人が交渉で成果を上げるのは困難であり、弁護士を立て裁判を起こさないと支払いすらしようとしないケースもあるのです。交通事故トラブルの解決には、法律の知識や医療の知識が必要にもなるため、保険会社の対応に納得いかない場合には、早期に弁護士に依頼することをおすすめします。

交通事故に注力する弁護士

示談交渉

慰謝料や損害賠償の金額を最終的に決定する際には、示談交渉から行うことがほとんどです。裁判に比べて早期に解決できる可能性が高く、裁判を見越しても保険会社の主張を探ることができます。一方で保険会社が提示した金額よりも高い金額で成立させたい場合には、個人では交渉を取り合ってもらえないことも多いため、弁護士に依頼することとなるでしょう。

過失割合

保険会社と示談や裁判で争う場合には、過失割合が争点となることも少なくありません。特に車同士の事故の場合には、被害者側にも過失が認められる場合が多く、事実と異なる主張をされるケースもあります。被害者側に過失が認められると、受け取ることのできる金額が相手の過失割合分のみとなってしまうため、正しい割合を認めさせることが重要です。

交通事故裁判

示談を行っても納得のいく結果が得られない場合には、裁判での決着を図ることになります。裁判では示談に比べ時間がかかる一方、主張をしっかりと立証できれば、示談金よりも高い金額を勝ち取ることができるでしょう。交通事故の場合は準備書面でのやりとりが多く、出廷回数も少ないのが特徴です。

交通事故に関する法律ガイド

交通事故の慰謝料・損害賠償の種類や算定基準と相場

交通事故の被害者は、その補償として加害者に慰謝料や損害賠償を請求することが可能です。交通事故の慰謝料請求で注意したいのは、算定基準が複数あり...

交通事故で被害者が死亡した場合の慰謝料や逸失利益の相場や計算方法、過失割合の注意点

交通事故でご家族がお亡くなりになった場合には、深い悲しみと加害者への怒りで苦しい思いをされていることでしょう。何をしても亡くなられた方は戻っ...

交通事故における示談交渉の流れや不成立の際の対処、時効や過失割合などの注意点

人身事故の賠償額を決定する場面では、保険会社と直接示談交渉を行うことが一般的です。しかし、保険会社の提示する金額の低さや、担当者との交渉の難...

物損事故の損害賠償や人身事故との違い・慰謝料や過失割合の注意点

車を運転していると、いくら注意深く運転していても、交通事故に巻き込まれてしまうこともあるでしょう。相手の不注意や危険走行のために、大事な車が...

交通事故による後遺症と逸失利益の計算 - 基礎収入や期間の算定方法

交通事故の被害によって怪我をし、後遺症が残った場合には、逸失利益と呼ばれる損害賠償を請求することができます。症状の重さや年齢によって逸失利益...

後遺障害等級と自賠責保険の限度額や等級の併合について

交通事故によって後遺症を負った際には、後遺障害の等級に認定されるかどうかが重要なポイントとなります。後遺障害に認定されれば、慰謝料や逸失利益...

交通事故の過失割合の決め方や過失相殺の仕組み

交通事故で慰謝料などの損害賠償の金額とともに、過失割合が争点となることが多くなっています。保険会社が提示する過失割合に納得できない場合も多い...

交通事故で保険会社が提示する示談金の相場と納得できないときの対処法

交通事故の被害者となり、保険会社から示談金の提示を受けると、その金額の低さに驚くこともあるでしょう。内訳もきちんと書かれておらず、どうしてそ...

交通事故の治療費打ち切りの対策・対処 - 適切な症状固定に向けて

交通事故の被害に遭い、怪我の治療に専念していると、保険会社から「改善が見込めないので、治療を打ち切り、症状固定としましょう」などと言われるこ...

交通事故による後遺障害認定の流れ - 被害者請求や非該当となった際の対処法

交通事故によって後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害認定を受けることで、慰謝料や逸失利益を請求することが可能です。しかし、保険会社に任せ...

交通事故に関する法律相談

  • 交通事故の弁護士特約の着手について

    交通事故

    先月0:10の追突事故に遭いました。 こちらが0の為、初めての事故ということで不安もあり、さらにこちらの保険会社は交渉できないということで、弁護士特約を利用したいと言うことを伝えると...

    1弁護士回答
  • 相手方代理人を証拠申出することはできますか

    交通事故交通事故裁判

    被告地方自治体の不法行為に同代理人弁護士が関与していると考えられるとき,同弁護士を証人として証拠申出することはできますか。 民訴法190条に照らせば問題ないように思えるのですが。

    1弁護士回答
  • 物損事故による示談、身体の変化を年末までまたねばならないか?

    交通事故交通事故慰謝料・損害賠償物損事故

    先月私10:0相手で車の物損事故を起こしました。 信号待ちで停車中の相手の車に私が曲がりきれず 衝突してしまったのですが お相手の車は車検を取ったばかりの外車で二年前の車です。 エアバ...

    1弁護士回答
  • 相原告を相手に上告できますか。

    交通事故交通事故裁判

    自動車事故訴訟の相談です。私が原告です。 原告の被告(事故相手)に対する損害賠償請求、被告からの反訴、被告が加入していた保険会社からの求償請求、原告が加入していた自動車保険の保険...

    1弁護士回答
  • 交通事故。ぶつけられてしまいましたが、この場合無過失は主張できますでしょうか?

    交通事故

    状況 自車・トヨタイスト。相手車・ホンダフィット。 見通しのよい片側2車線の道路。当方は右側右折レーンを走行。相手車は左側車線で渋滞で停車中。 当方、走行中に突然自車左後方で大...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故を扱う弁護士を探す

交通事故の中から絞り込んで解決策を探す

治療

後遺症

慰謝料・損害賠償

示談・裁判

交通違反

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  2. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  3. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  4. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...
  5. 道路に寝そべった男性、ひき逃げされた「被害...
  6. 「マイカー通勤」で死亡事故、遺族が運転手の...
  7. 横浜小1死亡事故、「高齢ドライバー」不起訴...